未経験からWebライターで月10万稼ぐ方法は?実体験を交えて紹介!

未経験からWebライターで月10万稼ぐ方法は?実体験を交えて紹介!

Webライターになろうと考えている人や、なりたての人は、実際にお金が稼げるのか疑問を持っている人が多いと思います。

そんな状態で働き続けるのは辛いですよね。

ですが、正しい働き方をすれば、3ヶ月以内に月10万円以上稼ぐことはそう難しいことではありません。

この記事では、未経験からWebライターで月10万円稼ぐ方法を、私の実体験を交えて紹介します。

Webライターになるか迷っている人は参考にしてくださいね!

私が未経験から月10万円を稼げるようになった3つのSTEPを紹介!

Webライターは働き方によっては雀の涙程度しか稼げません。

ここでは、まず私自身が月10万円稼げるようになった流れを紹介しています。

実体験に基づいて書いているのでぜひ参考にしてくださいね!

クラウドワークスでタスク案件や文字単価が安いプロジェクト案件を受ける

Webライターになりたてのときは仕事の取り方も分からないので、まず私はクラウドワークスに登録するところから始めました。

そこで、タスク案件やプロジェクト案件で1文字0.5円の文字単価の安い仕事を受け、初月の収入は月1万円ほどです。

今考えると少ない金額ですが、当時はネットでお金を稼げることに感動を覚えていました。

やはり、少額でも自分でお金を稼ぐと、Webライターは本当に稼げるんだと自信になります。

そういう意味でも初心者の人は、まず文字単価の安い案件でお金を稼ぎましょう!

文字単価が0.5円以下の案件はできるだけ避けよう

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスには、Webライターを買い叩こうとしているクライアントが多くいます。

そういったクライアントは、文字単価0.2円~0.3円の仕事を発注しているので、そういった案件は受けないようにしましょう。

単価の低い案件を続けて消耗してしまうと、Webライターを続ける気力が萎えてしまいますからね。

クラウドワークスで文字単価1円以上の案件を受けるようになる

Webライターを初めて3ヶ月ぐらい経ち、クラウドワークスで仕事を受けることに慣れたら、文字単価が1円以上のプロジェクト案件を受けるようになりました。

文字単価が1円を超えると、食べていけるだけの収入が手に入るということもあり、Webライターとしての最初の壁といえます。

こういった案件を受けるようになって最初は、「なんども修正を求められたり納品拒否されたらどうしよう……」と不安だったのですが、意外なことにやることは文字単価が0.5円の案件とそう変わりませんでした。

1記事あたりの文字数が増えたり、記事構成の作成も求められたりといった違いはありましたが、特別難しい仕事というわけではないことが分かったのは個人的に大きな進歩でした。

案件数自体がそう多くなかったので、月収は5万円程度に留まりましたが、この段階でも案件が多ければ月収10万を達成できるのかなという手応えがある段階といえます。

Wantedlyで仕事を受けるようになる

ある程度、クラウドワークスで仕事を受けるようになると、システム手数料で20%引かれる点が気になるようになってきます。

そこで私は、仕事マッチングサイトであるWantedlyを使って直接仕事を受けるようになりました。

Wantedlyのプロフィールにはクラウドワークスで受けた案件の記事をポートフォリオとして記載しています。

ありがたいことにWantedlyを初めて早い段階で、仕事を受けられるようになりました。

文字単価は1円~1.5円と、クラウドワークス時代とそう変わりませんが、手数料がかからなくなった分収入は大きく増えています。

その時期、多く案件を受けたということもあり、4ヶ月目には月収が10万円を超えました。

月収10万円が一つの目標だったので、とても嬉しかったことを覚えています。

未経験から月収10万円を超えるため3つのポイントを解説!


ここでは、上記の経験を踏まえて、未経験から月収10万円を超えるための5つのポイントを解説しています。

自分がWebライター未経験時代に戻ったらどうするか」ということを意識しながら書いたので参考にしてください!

はじめはクラウドソーシングサービスで経歴を積む

初めてWebライターという働くという人は、まず、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで経歴を積みましょう。

記事の書き方はもちろん、納品の方法なども学び、Webライターとしての仕事の流れを知ることができます。

ただし、低単価の案件を受けるのは絶対にやめてください!

最低も1文字0.5円以上を意識して仕事を探してくださいね!

できるなら「記名記事案件」を受けよう

仕事を探すとき、できるなら「記名記事案件」を受けましょう。

記名記事とは、「この記事を書いたのは私です」と自分の経歴に加えられる記事のことです。

そういった記事をポートフォリオに加えることで仕事探しがやりやすくなりますよ!

早い段階でクラウドソーシングから直接契約に移行しよう

ある程度Webライターとしての経歴を積んだらできるだけ早く直接契約に移行しましょう!

システム手数料がかからなくなるのはもちろん、安定して仕事を発注してくれる相手がいるのは安心できます。

直接契約をしたいときは、フリーランス用のマッチングサイトを利用しましょう。

おすすめのフリーランスマッチングサイト

  • Wantedly
  • Workship
  • Crowdtech

仕事を受けるときに自分のブログを持っておくと便利

Webライターとして早く稼ぎたい人は、自分のブログを持っておくのがおすすめです。

マッチングサイトなどで仕事を探すときポートフォリオが必須なのですが、自分のブログがあればそれをポートフォリオとして提出できます。

クライアントとしても、記名記事は発注者から修正を受けているのに対してブログは全てライター自身が書いているので、ライターとしての実力を測りやすいというメリットがあります。

マッチングサイトで仕事を始めようと考えてからブログを始めると、記事数が揃うまで時間がかかってしまうので、早い段階でブログを始めるのがおすすめですよ!

まとめ

この記事のまとめ

  • 未経験の人はクラウドワークスなどクラウドソーシングで仕事を受ける
  • 未経験のうちでも文字単価0.5円以下の案件は受けない
  • できるだけ早くマッチングサイトで直接契約を目指す
  • 自分のブログを持っておけばポートフォリオになり便利

未経験からWebライターとして月収10万円稼ぐ流れについて、私の実体験を交えて解説しました。

私は4ヶ月ほどで月収10万円を超えましたが、やる気があり運が良ければ1,2ヶ月で月収10万円を超えることも可能です。

できるだけ早く月収10万円を超えてWebライターとして稼げるようになりましょう!

サマリー Google アカウント (marukublog@gmail.com) プライバシー 利用規約 1/2 [レポート] では 3 年以上前のデータは利用できなくなりました。このデータは期間限定でダウンロードできます。 コード生成ツール 広告を作成しました。コードを配置してください ページの タグの間に広告ユニットコードをコピーして貼り付けます 広告を表示する場所にこのコードを配置してください。この手順は、すべてのページで広告ユニットごとに行う必要があります。 通常、広告がページに表示されるまで数分かかりますが、最長 1 時間かかる場合もあります。詳しくは、コード導入ガイドをご覧ください。