Webライターにはデュアルディスプレイがおすすめ!マルチモニタのススメ

Webライターにはデュアルディスプレイがおすすめ!マルチモニタのススメ

Webライターとして働いていると、「パソコンの画面が狭い……」と感じる人は多いのではないでしょうか?

ネットで調べ物をしながら、エディターを開いているとタブやブラウザの切り替えを頻繁にしなければなりません。

そうなると当然作業効率が落ちますし、ストレスも溜まります。

そんな人におすすめなのがデュアルディスプレイです!

この記事では、Webライターがデュアルディスプレイにするメリットやデメリット、デュアルディスプレイを導入する際の疑問について解説します。

Webライターにはデュアルディスプレイが必須!メリットを紹介!

Webライターとして働くための快適な環境を整えるには、デュアルディスプレイが必須です。

ここでは、デュアルディスプレイのメリットを紹介します。

デュアルディスプレイを検討している人は参考にしてくださいね!

ブラウザやタブを切り替える必要がなくなり作業効率が上がる

デュアルディスプレイにする最大のメリットは、ブラウザやタブを切り替える必要がなくなる点です。

一つのモニタを調べ物用、もう一つを記事作成作業用と分けることで、いちいち切り替える手間がなくなります。

そうすることで、作業の効率が上がるのはもちろん、作業中のストレスもなくせます。

これだけでも、Webライターがデュアルディスプレイにする理由としては十分ですよね!

大画面のモニタを導入すれば目が疲れにくくなる

デュアルディスプレイを導入するとき、2枚目のモニタに大画面のものを選べば目が疲れにくくなります。

ライティングをノートパソコンで行っている人は多いと思いますが、ノートパソコンのモニタって小さいですよね?

小さいモニタに顔を近づけて作業を行っていると目が疲れますし姿勢も悪くなります。

そこで、大画面のモニタを導入することで、目が疲れにくくなりますし、いい姿勢も保てますよ!

動画を見ながら作業ができる

デュアルディスプレイを導入すれば、作業中に動画を流すことができます。

おすすめなのが、メインモニタで作業を行い、サブモニタの半分を資料用、半分を動画再生用に使うことです。

こうすることで、好きな映画やアニメを流しながら楽しく作業が行なえますよ!

動画に気を取られすぎることのないように注意が必要

作業中に動画を見られるのは嬉しいのですが、その動画に気を取られて集中力が半減するようなことがあれば意味がありません。特に、かぶりついて動画を見るような状態は避けるようにしましょう

Webライターがデュアルディスプレイを導入するデメリットと注意点を知っておこう!

基本的にメリットばかりのデュアルディスプレイですが、いくつかデメリットも存在します。

ここでは、Webライターがデュアルディスプレイを導入する場合の3つのデメリットと注意点を紹介しています。

メリット・デメリットを知った上でデュアルディスプレイの導入を検討してくださいね!

新たにディスプレイを購入するのにコストがかかる

デュアルディスプレイを導入するためには、当然、新たにディスプレイを購入する必要があります。

モニタは安いものなら1万円前後で購入可能ですが、それでも気後れする人は居ると思います。

ですが、モニタ導入による作業効率の上昇を考えるとすぐに元は取れますよ!

新たにディスプレイを置く場所が必要になる

デュアルディスプレイを導入したら、新たにモニタを置く場所が必要になります。

モニタサイズによりますが、学習机程度のサイズがあれば2つのモニタを置くことができますよ!

また、小さい机を使っているという人は、モニターアームを使うことで、必要なスペースを節約できるのでおすすめです。

サブディスプレイに動画やSNSを表示していると集中力が途切れる

デュアルディスプレイを導入したら、作業中もサブモニタに動画やSNSを表示できるようになります。

ですが、それは執筆中にも一瞬目をやってしまったりして集中が途切れる原因になります。

作業中はTwitterなどのSNSは表示しないようにして、動画を流す時もあまりに集中してしまう動画は流さないようにしましょう!

WebライターとデュアルディスプレイのQ&A

ここまで、Webライターがディスプレイを導入するメリットやデメリットを解説しました。

最後に、デュアルディスプレイを導入する際、疑問に思う部分にQ&A形式で回答しています。

最後にざっと目を通しておいてくださいね!

おすすめのディスプレイのサイズは?

こだわりがないのであれば、22~24インチの中から選びましょう!

参考に、私はデスクトップパソコンに24インチのモニタを2つ設置しています。

このサイズで不便は感じていません。

3枚以上のマルチモニタは必要?

Webライターとして働くとき、基本的に3枚以上のディスプレイは不要です。

作業画面と資料を表示する画面の2枚で事足りますし、それ以上は持て余してしまいます。

よくデイトレーダーが何枚もモニタを設置している画像がありますが、あれは何枚ものチャートを表示して素早く確認する必要があるからです。

Webライターが作業中にたくさんのタブやブラウザを複数表示しなければ困る場面はないですよね!

まとめ

この記事のまとめ

  • Webライターはデュアルディスプレイを導入したら作業効率が上がる
  • 大きなモニタを使えば目の疲労経験の効果も!
  • 作業中に動画やSNSを表示できる!ですがその分集中力が半減されるので注意

Webライターがデュアルディスプレイを導入するメリットやデメリットについて解説しました。

デュアルディスプレイを導入する最大のメリットは作業効率の上昇です。

私はデュアルディスプレイを導入してから長いですが、もうディスプレイ1枚での作業には戻れません!

Webライターの方は、ぜひデュアルディスプレイを導入してみてください!

サマリー Google アカウント (marukublog@gmail.com) プライバシー 利用規約 1/2 [レポート] では 3 年以上前のデータは利用できなくなりました。このデータは期間限定でダウンロードできます。 コード生成ツール 広告を作成しました。コードを配置してください ページの タグの間に広告ユニットコードをコピーして貼り付けます 広告を表示する場所にこのコードを配置してください。この手順は、すべてのページで広告ユニットごとに行う必要があります。 通常、広告がページに表示されるまで数分かかりますが、最長 1 時間かかる場合もあります。詳しくは、コード導入ガイドをご覧ください。