Webライターは発達障害にこそ向いている!理由やメリットを紹介!

Webライターは発達障害にこそ向いている!理由やメリットを紹介!

会社勤めの発達障害の方の中には、働きづらさを感じている人は多いのではないでしょうか?

また、将来の就職活動に不安を覚えている学生の方も数多くいるはずです。

そんな人にピッタリの職業がWebライターです!

ここでは、Webライターが発達障害の方に向いている理由やメリット、そして、成功するための大切なポイントを紹介しています。

Webライターとして成功するための具体的なステップも紹介しているので参考にしてくださいね!

Webライターが発達障害に向いている5つの理由や働くメリットを紹介!

Webライターとは、ネット上のメディアで文章を書く職業です。

クライアントから依頼を受けたり、メディアを運営しながら記事を作成していきます。

ここでは、Webライターが発達障害になぜ向いているのか、その理由を紹介しています。

Webライターとして働くメリットもまとめているので参考にしてくださいね!

文章を書ければ誰でもできるので敷居が低い

Webライターと聞くと、「本をたくさん読んでちゃんとした文章を書けなければなれない」と考えている人も多いですよね。

確かに、大きなメディアであれば、取材や情報収集を行った上で、何回も校正しながら記事を仕上げる場合もあります。

ですが、Webライターといってもピンキリです。

そこまで大きくないメディアや、個人からの依頼の場合は、ネット上で調べて、きちんと意味の通った文章を書けさえすれば、問題無いケースがほとんどです。

「文章を書けない」という人は多くないので、そういう意味では、敷居の低い職業と言えます。

1人でできる在宅ワークなので、他人に迷惑をかけづらい

Webライターは、1人でできる在宅ワークなので、他人に迷惑をかける心配がありません。

発達障害の方は、「周りの人の迷惑になっているのではないか……」と日々ストレスを抱えながら働いている人が多いと思います。

その点、Webライターは一連の作業が自分で完結しているので、仕事上で迷惑をかけづらいです。

当然、誤字などでクライアントに迷惑をかけてしまう場合もありますが、それでも、一般的な職業と比べるとかなり楽な職業と言えます。

シングルタスクなので自分のペースで集中して作業できる

Webライターの仕事は、完全なシングルタスクです。

仕事中に同僚に雑用を頼まれたり、新たに仕事を任されることがありません。

そのため、自分の好きなタイミングで働いて、自分の好きなタイミングで休むことが可能です。

発達障害の方には、自分のリズムで働けないとストレスが貯まってしまったり、効率が落ちてしまう人が多くいます。

そのため、自分の案件だけに集中できるのもWebライターの大きなメリットと言えます。

連絡方法がメールやチャットツールなのでコミュニケーションが苦手な人も安心

Webライターは、クライアントと連絡を取るとき、基本的にメールやチャットツールを使います。

そのため、コミュニケーションが苦手な発達障害の方でも働きやすくなっています。

発達障害の方は、仕事の内容を口頭で話されると、うまく聞き取れなかったり、話を聞くのに必死で内容を覚えていないということになりがちです。

その点、メールやチャットツールであれば、クライアントの意向が文面として残るので、見落とす可能性がグッと減ります。

文面のやり取りが苦手な人向けのテンプレートがあるので安心!

文面でのやり取りも苦手だという人も安心してください!

仕事を取るためのクライアントへの提案文や、クライアントへの挨拶文についてはネット上にテンプレートが数多く転がっています。

その中から適当に選んで、あとは丁寧に話すことを心がければ少なくともクライアントの心証がマイナスになることはありませんよ!

自分が好きな依頼を選べる

Webライターはフリーランスなので、自分の好きな依頼を選べます。

発達障害の方の多くは、ある特定のジャンルへの造詣が深い人が多いですよね?

本来、そういった能力は働く上ではあまり役に立ちませんが、Webライターであれば、そのジャンルの執筆依頼を受けることで、他のライターよりクオリティの高い記事を作れます。

執筆経験はなくても、アニメや車など特定のジャンルに強い人はぜひWebライターを目指してみましょう!

Webライターとして発達障害が働くときの3つのデメリットを知っておこう

発達障害の方がWebライターとして働くにあたって、メリットだけというわけではありません。

ここでは、発達障害の方がWebライターとして働く上での3つのデメリットを解説しています。

メリット・デメリットを知った上でWebライターを目指しましょう!

自己管理ができないと仕事がはかどらない

これが発達障害の方にとっての最大のデメリットなのですが、在宅かつ1人で働く以上、自己管理ができないと仕事が全く進みません。

在宅でダラダラ働いていたとしても注意をしてくれる人はいませんし、締切をせっついてくれる人もいません。

どうしても気持ちが乗らず働く気が起きないという日もあるでしょうが、それとは関係なしに納期は迫ってきます。

そのため、調子の良い悪いにかかわらず毎日働ける自己管理が大切になってくるわけです。

発達障害の方にはこの自己管理が苦手な人がとても多いですよね?

筆者もそうなので気持ちは大いに分かります。

ですが、このデメリットは「自分の好きなペースで働ける」というメリットと表裏一体です。

自分の中で毎日働くためのルーティンやノウハウを勉強して、上手に働き続けられる生活リズムを確立しましょう!

自分から案件を取りにいかなければならない

Webライターは、フリーランスなので自分から仕事を取りに行かなければなりません。

この点が、仕事を自動的に割り振ってくれるサラリーマンとは大きく異なります。

「クラウドソーシングサイトで仕事を探して提案文を送り仕事をもらう」という一連の作業に慣れてしまえば楽なのですが、慣れるまでは面倒に感じてしまいますよね?

また、発達障害の方はメールごしとはいえ、誰かとコミュニケーションを取ること自体に抵抗があるという人も多いと思います。

ですが、そういった人のために、提案文のテンプレートはネットに数多くあります。

それを使って無理にでもいいので一度仕事を取ってみましょう!

2回目以降は、同じ流れを繰り返すだけなのでかなり楽になりますよ!

選ぶ案件によってはなかなか稼げない

ネットを調べていると、「Webライターは稼げない」という声が多くあります。

これは半分正解で半分間違いです。

Webライターの案件はクラウドソーシングサイトに数多くありますが、その中の大半は時給500円以下の案件で、バイト以下の時給になってしまいます。

そういった案件を受けているうちに、「Webライターって稼げないんだな……」と気力が萎えてしまっては元も子もありません。

Webライターとして成功するには案件選びに注意してくださいね!

発達障害がWebライターとして成功するための大切な3つのポイントを解説!

ここまで、発達障害の方がWebライターとして働くメリットやデメリットを解説しました。

最後に、発達障害の方がWebライターとして成功するために大切な3つのポイントを解説しています。

このポイントを守っているだけで、多くのWebライターより一段上のレベルにいけますよ!

クライアントからの連絡はできるだけ早く返す

クライアントからのメールやチャットにはできるだけ早く返しましょう。

クライアントにとって、依頼しているWebライターの多くはどこの馬の骨とも知れない存在です。

「ちゃんと仕事してくれているのか」「突然連絡が取れなくなってしまわないだろうか」といつも不安に思っています。

そんな中、連絡にすぐに返信してくれるWebライターはそれだけである程度の信頼がおける存在になるわけです。

仕事の進捗を聞かれたり、修正依頼を受けたときには、できるだけ早く返事をしましょう!

依頼の納期は必ず守る

Webライターとして成功したい人は、依頼の納期は必ず守りましょう。

特に駆け出しのWebライターは、一度依頼の納期を破ると一気に信頼を失います。

クラウドソーシングサイトには評価システムがあり、その評価が落ちると仕事を受けづらくなってしまいます。

そういった自体を避けるためにも、納期に余裕を持って執筆作業を行いましょう!

万が一、執筆が間に合わないというときには、クライアントにそのことを伝えることが大切です。

クライアント側も鬼ではないので、事情があれば納期を伸ばしてくれることがほとんどです。

何も言わず納期を破ることだけは避けましょう。

自分の中で1日どれくらい働くのか明確にする

Webライターとして働くには、1日に働く時間を明確にすることが大切です。

Webライターに限らず、フリーランスは終わりのない長距離マラソンのようなものです。

1日12時間以上働いたとしても、次の日に燃え尽きてしまって全く仕事にならなかったら意味がありません。

1日の労働時間を6時間と決めたら、6時間働き終わった段階でその日は仕事を区切りましょう。

一日ごとの労働時間を記録しておくことがおすすめ!

可能ならその日の労働時間をエクセルやGoogleスプレッドシートなどで記録しておくことがおすすめです。

そうすることで、一週間単位・一ヶ月単位での労働時間が把握できます。

Webライターとして働いていると、休日にも仕事の締切に追われている感覚があり、気持ちよく休めないときがあります。

そんなとき、記録している労働時間を確認すれば、「自分はこれだけ働いているのだから休んでも大丈夫だ」と休む理由の後押しになるのでおすすめです。

発達障害がWebライターとして働くための4つのステップ

ここまで読んで、「Webライターとして働きたい!」と感じている発達障害の方も多いのではないでしょうか?

ここでは、発達障害の方がWebライターとして働くための具体的な4つのステップを紹介しています。

実際にWebライターとして働いている筆者を例に説明してくので参考にしてくださいね!

STEP1. クラウドソーシングサイトに登録する

Webライターとしてのキャリアがない人は、まずクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドソーシングサイトは数多くありますが、とりあえず「クラウドワークス」と「ランサーズ」に登録しておけば問題ありません。

はじめのうちに、たくさんのサイトに登録して、それぞれプロフィールなどを設定していくとそれだけでうんざりしてしまいます。

最初は、この2つのサイトに絞って、仕事を探すのがおすすめです。

筆者は、クラウドワークスに登録し、初めての案件を取りました。

それ以降も、クラウドワークスをメインに活動していますよ!

STEP2. 希望の案件に申し込む

クラウドソーシングサイトに登録したら、次に案件を探しましょう。

案件には「タスク」「プロジェクト」「コンペ」の3種類ありますが、「プロジェクト」の中から選ぶのがおすすめです。

「はじめはタスクから初めて慣れたらプロジェクトに移行しよう」と書いている記事も多くありますが、筆者は最初からプロジェクトの仕事を取るほうが良いと考えています。

どうせ、タスクを数件やっても実績にはなりませんし、タスク案件とプロジェクト案件は仕事の流れが全く違うのであまり参考にはなりません。

タスク案件と違い、プロジェクト案件ではクライアントとのやり取りが必要になりますが、勇気を出して申し込みましょう!

STEP3. 案件が取れたらひたすら取り組む

うまくプロジェクト案件が取れたらひたすらその案件に取り組んでください!

プロジェクト案件のコツとしてクライアントの意向をくみとることです。

クライアント側がマニュアルを用意してくれている場合もあるので、そのときはマニュアルを熟読して執筆しましょう!

STEP4. 慣れてきたらブログやツイッターを始めるのがおすすめ

Webライターとして働くことに慣れたら、ブログやツイッターを始めましょう。

ブログは、記事執筆の練習になるほか、ブログ記事をクライアントに紹介することで仕事が取れることがあります。

また、ブログと連携してツイッターを始めることで、ツイッターのDMなどで執筆依頼が来るケースもあるのでお得です。

慣れていないうちは、Webライターとしての業務以外をやる余裕はないと思いますが、落ち着いてきたらぜひブログやツイッターに挑戦してみてくださいね!

まとめ

発達障害の方がWebライターとして働くメリットやデメリット、Webライターとして成功するポイントや具体的なステップを紹介しました。

発達障害で仕事がうまくいかない社会人の方や、就活がうまくいかない人にはWebライターを一度検討してみてください。

そして、挑戦してみたいと感じた人は、この記事を参考にWebライターに挑戦してみてくださいね!