在宅ワークで集中できない人にはポモドーロ・テクニックがおすすめ!やり方やメリットを紹介!

在宅ワークで集中できない人にはポモドーロ・テクニックがおすすめ!やり方やメリットを紹介!

フリーランスとして在宅で働いているとどうしてもやる気が起きず集中できないときってありますよね?

また、最近ではテレワークが普及した結果、サラリーマンでも在宅ワークをする機会が多くなり、慣れていない在宅ワークで消耗している方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが、「ポモドーロ・テクニック」です。

ここでは、ポモドーロ・テクニックのやり方やそのメリット、具体的な活用方法を解説しています。

在宅ワークで集中できないという人はぜひ参考にしてくださいね!

【はじめに】ポモドーロ・テクニックってなに?その手法を解説!

ポモドーロ・テクニックとは、時間管理術の1つです。

「そもそもポモドーロ・テクニックって?」という疑問を抱えている人のために、まずはポモドーロ・テクニックについてくわしく見ていきましょう。

とても簡単な手法なので、タイマーが1つあれば今日からでも導入できますよ!

ポモドーロ・テクニックのルールは簡単!タイマー1つでできる

ポモドーロ・テクニックのルールはとても簡単です。

基本的な流れがこちらになります。

ポモドーロ・テクニックの基本ルール

  • 25分作業を行う
  • 5分休憩する
  • 1と2のセットを繰り返す
  • 4セット繰り返したら30分ほどの長めの休憩を取る

細かいルールもありますが、基本的にこれだけ守ればポモドーロ・テクニックを活用できますよ!

大切なことは、25分の作業中は、その作業に完全に集中することです。

トイレなどで中断するのもできるだけ避けるべきですし、スマホなどで中断するのはもってのほかです。

こう聞くと、とてもハードルが高いように思えますが、不思議とタイマーを一度セットすれば自然と集中できるのが、ポモドーロ・テクニックの大きな利点と言えます。

ちなみに、一般的に1つのセットを1ポモドーロ、あるいは1ポモと呼びます。

1日のポモドーロ数をエクセルなどで記録しておく

ポモドーロ・テクニックを活用するとき、基本ルールを守るほかに、1日のポモドーロ数(セット数)をエクセルなどで記録しておくのをおすすめします。

そうすることで、自分の作業能力を体感的に把握することが可能です。

自分の作業能力を把握することは、在宅で働く計画を立てる上で必須ですよ!

他の細かいルールは気にしない!「25分働き、5分休む」のループを重視する

ポモドーロ・テクニックには、基本ルールの他にいくつかルールがあります。

その日の予定を決めたり、1ポモドーロごとの進捗度を計算するのを含めて「ポモドーロ・テクニック」です。

ですが、正直、いちいちその作業を行うのは面倒です。

それが億劫になりポモドーロ・テクニックが嫌になってしまったら本末転倒です。

細かいルールは意識しすぎずに「25分働き、5分休む」のループを重視しましょう!

集中できない在宅ワーカーがポモドーロ・テクニックを活用する5つのメリットを紹介!

イマイチ自宅で集中できない在宅ワーカーにとって、ポモドーロ・テクニックの利点は数多くあります。

ここでは、ポモドーロ・テクニックの5つのメリットを紹介します。

在宅ワーカーの人は、ぜひポモドーロ・テクニックを活用しましょう!

SNSやLINEで集中できないのを防げる

在宅で働くにあたって、SNSやLINEの誘惑は大きな妨げとなります。

そういった誘惑に弱い人には、ポモドーロ・テクニックがぴったりです!

25分の間は完全に作業に集中し、5分の休憩の間だけ、SNSやLINEをチェックすれば問題ありませんよ!

マルチタスクで気が散ることがなくなる

ポモドーロ・テクニックは、1ポモドーロ中の作業は1つと決められています。

そのため、ポモドーロ・テクニック中は自然とシングルタスクになります。

ポモドーロ・テクニックを活用すれば、1つの作業中にほかの作業が気になったり、途中で別の作業をしてしまうことが防げますよ!

労働時間に対してこなせる仕事量が増える

ポモドーロ・テクニックの大きなメリットとして、作業効率が上がる点が挙げられます。

ポモドーロ・テクニックでは25分という区切りがあるので、自然と作業時間を意識し続けることになり、結果として、仕事量が増えます。

「在宅だと仕事を全然こなせない」という人は、ぜひポモドーロ・テクニックを活用しましょう!

自分の1日の労働時間が明確になる

ポモドーロ・テクニックを使って1日のポモドーロ数を記録すれば、自分の労働時間が明確になります。

在宅ワークだと、どうしても労働時間と休憩時間の境界線が曖昧になり、1日の労働時間がぼやけがちです。

自分の労働時間を明確にすることで、休憩を取るときにも「自分はこれだけ働いたんだから休憩して大丈夫だ」と切り替えて休憩できますよ!

擬似的な締め切りを作ることで仕事がはかどりやすくなる

在宅で働いている人には、「締め切りがないとモチベーションが上がらない」という人が多いですよね?

ポモドーロ・テクニックを活用すれば、1ポモドーロ毎に25分の締め切りができると言えます。

筆者は、典型的な締め切りがないと仕事にならないタイプでしたが、ポモドーロ・テクニックを導入してから、作業量が明らかに増えました!

同じタイプの人は、ぜひ一度ポモドーロ・テクニックを試してみてくださいね!

在宅ワークでポモドーロ・テクニックを使用するときの3つのデメリットを知っておこう

ポモドーロ・テクニックが完璧な時間管理術かというとそんなことはありません。

ここでは、在宅ワークでポモドーロ・テクニックを使うときの3つのデメリットを紹介します。

ポモドーロ・テクニックの良い点と悪い点を知っておきましょう。

集中してポモドーロ・テクニックを活用すると疲れる

「ポモドーロ・テクニック」は紹介記事の多くで、「定期的に休憩を取ることできるので疲れにくい!」と紹介されています。

ですが、実際にやってみると、モドーロ・テクニックはかなり疲れます。

特に慣れていない間は、25分1つの作業に没頭するのにとても体力を使うものです。

ポモドーロ・テクニックを導入するとき、最初のうちは少ないポモドーロ数からはじめ、徐々に量を増やしていくのがおすすめですよ!

タイマーを押すのが億劫になったら元も子もなくなる

ポモドーロ・テクニックをやってみるとわかるのですが、作業を始めるタイマーを押すのはとても億劫です。

場合によってはタイマーを押すのに1時間近くかかってしまうこともあります。

「とりあえず押せば集中できる」と分かっていてもどうしても手が伸びづらくなっています。

こればっかりは、どうしようもないので、頑張ってタイマーを押すしかありません。

1つ対策のようなものを挙げると、あまり気負いすぎずにタイマーを押すのがコツです。

筆者は「よし!集中して作業するぞ!」と自分を鼓舞しすぎるのではなく、「とりあえずやってみるか」と軽い心境の方がタイマーを押しやすいと感じます。

一度中断すると再開するのが難しい

ポモドーロ・テクニックは25分集中し続けるわけですが、外的要因によって中断されることも当然あります。

宅配が家に届いたり電話がかかってきたり、家庭がある人は子供が邪魔をしてくる可能性もあります。

ですが、ポモドーロ・テクニックは心理的に一度中断するととても再開しづらくなっています。

携帯をマナーモードにしたり、家族の協力を頼むなど、できるだけ作業を中断しなくて良い環境づくりを心がけましょう!

在宅ワークで集中できない人のためのポモドーロ・テクニックのコツを紹介!

ここまで、在宅ワークで集中できない人がポモドーロ・テクニックを活用するメリットやデメリットを紹介しました。

最後に、ポモドーロ・テクニックを上手く活用する3つのコツを紹介しています。

「ポモドーロ・テクニックを試してみよう」を考えている人は参考にしてくださいね!

タイマーには専用のスマホアプリかWebタイマーを使うと便利

ポモドーロ・テクニックの開発者はタイマーにトマト型のキッチンタイマーを使っていたそうです。

これにならってキッチンタイマーを使うのも悪くないですが、個人的には専用のスマホアプリやWebタイマーを使うのをおすすめします。

ポモドーロ・テクニック用のタイマーアプリやWebタイマーは数多くあり、どれを使っても問題ありませんよ!

ちなみに筆者は、手の届く範囲にスマホを置いておくのが嫌なので、WebタイマーのMarinaraTimerを使っています。

4ポモドーロごとの長い休憩は30分以上取るのがおすすめ

ポモドーロ・テクニックでは、「4ポモドーロごとに15分~30分の長い休憩を取る」というのが正式なルールになっています。

ですが、個人的には、30分以上の休憩を取っても全然問題ないと感じます。

前述しましたが、ポモドーロ・テクニックはとても疲れるものです。

そのため、長い休憩を取らないと、それ以降の作業が集中できないものになりがちです。

筆者は4ポモドーロごとに1時間の休憩を取っています。

働きすぎないことが大切!1日8ポモドーロを目標にしよう

ポモドーロ・テクニックは無理をしないことが続けるコツです。

「1日8時間労働と考えると1日16ポモドーロこなせば大丈夫かな?」と考える人もいるかもしれませんが、1日限りならともかく、毎日16ポモドーロは現実的ではありません。

もちろん、締め切りに追われたら20ポモドーロ近くこなすこともあるのですが、次の日はとても働ける状態ではないのでおすすめできません。

基本的に1日8ポモドーロこなせれば十分、12ポモドーロまでいったら頑張ったと自分を褒めてあげられるレベルだと認識しておきましょう。

まとめ

在宅ワークで集中できない人が、ポモドーロ・テクニックを使うメリットやデメリット、上手に活用するコツを解説しました。

ポモドーロ・テクニックはエンジニアやデザイナー、ライターの人におすすめの時間管理術です。

上記の職業の人で、いまいち集中できないという人は、ぜひこのテクニックを活用しましょう!

サマリー Google アカウント (marukublog@gmail.com) プライバシー 利用規約 1/2 [レポート] では 3 年以上前のデータは利用できなくなりました。このデータは期間限定でダウンロードできます。 コード生成ツール 広告を作成しました。コードを配置してください ページの タグの間に広告ユニットコードをコピーして貼り付けます 広告を表示する場所にこのコードを配置してください。この手順は、すべてのページで広告ユニットごとに行う必要があります。 通常、広告がページに表示されるまで数分かかりますが、最長 1 時間かかる場合もあります。詳しくは、コード導入ガイドをご覧ください。