二階堂ふみは頭がいい?英語の実力や高校や大学の偏差値を徹底調査!

女優 女優
スポンサーリンク

女優やタレントとして活動している二階堂ふみさん。

バラエティでも活躍する二階堂ふみさんですが、

慶応大学に入学していたり、英語を流暢に喋ったりと頭がいいように思えます。

なので、今回は経歴から本当に頭がいいのか調べてみました。

スポンサーリンク

二階堂ふみは頭がいい?英語も話せる理由

女優として活躍していて、さらに頭がいいなんてありえるのでしょうか?

調べてみると英語を流暢に話している動画がありました!

これは映画「ふきげんな過去」での記者会見でのコメントです。

これを見ると二階堂ふみさんは帰国子女に見えるのですが、そういうわけではなく、

沖縄出身で、高校進学と同時に上京しています。

では、なぜ英語を喋れるのかというと高校時代に2ヶ月間ニューヨークに留学していたことがあるようです。

高校生の時に、留学を決意し実行するのは凄いですね……

なので二階堂ふみさんは頭がいいというより努力家なのかもしれませんね。

また、二階堂ふみさんは演技力が高いことでも知られています。

この演技力も頭がいいところから来ているのではないでしょうか?

二階堂ふみの高校や大学の偏差値は?

沖縄出身の二階堂ふみさんは地元の小学校と中学校に通っていましたが、

高校進学を機に上京しています。

その際、通っていた高校が東京都の八潮高校で偏差値は46です。

高校在学中は一人暮らしで貧乏だったそうですが、高校3年生の時には逆に仕事で多忙になっていました。

仕事で忙しいこともあり、高校卒業後1年間浪人生活を送っていた二階堂ふみさん。

しかし、その後AO入試で慶應義塾大学の総合政策部に入学しています。

浪人時代は現場に参考書を持ち込んで勉強をしていたという二階堂ふみさん。

こういったふうに、頭がいい人は努力の仕方や方向性の定め方が上手な印象があります

なので、二階堂ふみさんは頭がいいと言えるのではないでしょうか?

まとめ

二階堂ふみさんは本当に頭がいいのか、

そして、英語の実力や高校・大学の偏差値について調査しました。

二階堂ふみさんは、映画「翔んで埼玉」で主演を務め、

映画「ばるぼら」でヒロインを演じています。

多くの映画で活躍している二階堂ふみさんの今後に期待ですね!

コメント