F35 消えた場所はどこ?パイロットが誰か名前や顔画像についても調査!【航空自衛隊三沢基地】

ニュース・事件 ニュース・事件
スポンサーリンク

9日午後7時半ごろ航空自衛隊三沢基地のステルス戦闘機F35が消息不明になったことが報じられています。

F35が消えた場所はどこなのでしょうか?

今回はF35が消えた場所、

そしてパイロットの名前や顔画像について調査しました。

スポンサーリンク

F35 消えた場所はどこ?

航空自衛隊三沢基地所属のF35が消息不明になったことが報じられています。

消息を絶った場所ですが、三沢基地から東に135キロ付近の太平洋上のようです。

三沢基地の位置がこちらになります。

ここから東に145キロということなので、完全な海の上ということですね。

F35 パイロットは誰?名前や顔画像を調査!

消息を絶ったF35のパイロットですが、40代の男性3等空佐のようです。

パイロットの名前や顔画像は特定されていないようです。

消えたのが海の上ということもあり、早く見つかってほしいですね。

F35 消息を絶った報道の詳細

F35が消息を絶ったことに関する報道の詳細がこちらになります。

9日午後7時半ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A(1人乗り)が同基地の東約135キロ付近の太平洋上で消息を絶った。空自によると、40代の男性3等空佐が操縦していたが、レーダーから機影が消え、無線に応答がないという。自衛隊機が捜索にあたっている。

空自によると、当該機は計4機による対戦闘機戦闘訓練のため、午後7時ごろ、三沢基地を離陸していた。

F35は米ロッキード・マーチン社製。敵レーダーに映りにくい高いステルス性を持ち、空自は次世代の主力戦闘機に位置付ける。

空自には昨年1月から同基地への配備が始まり、今年3月に12機を配備した第3航空団第302飛行隊が発足したばかり。安倍内閣は昨年12月、現在取得中の42機に加え、105機を追加購入することを決定。将来的に147機体制とする方針。追加取得の総額は少なくとも約1兆2千億円に上る見通し。(古城博隆)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000080-asahi-soci

F35 消息を絶った報道に対するネットの反応

F35が消息を絶ったことに対するネットの反応をまとめました。

いち早く発見してくれ。機体が高価なのはわかるが、搭乗員の安否が一番だ。人命優先、家族の方の気持ちを考えると辛い。

暖かくなったといっても海水温は寒いと思う。
見つかってほしい。
ただそれだけを願いたいと思う。
同僚の心配を思うと胸が張り裂けそう思う。
パイロット無事でいてほしい。
大事な日本の国民のひとりでもあると思う。
一枚岩となって、皆で発見していきたいと思う。

相当な訓練を積んだ優秀なパイロットが何の連絡もできずに消息をたったことは想定外の不具合があったはずだ。二度とこのような不幸なことがないよう原因究明にあたって欲しい。パイロットが発見されることを望みます。日本の貴重な人材が犠牲にならないためにも。我が国を守る自衛隊の皆さん頑張って下さい

航空機も隊員も大事だ。地上シミュレーターでの訓練をより多く行うなど、無理せずに訓練ください。F-35で、無理な機動は期待せずに、ミサイル中心の遠距離戦闘だけ、考えたらと思います。接近戦、洋上での戦闘に向いた、双発機も2個航空隊ぐらいあればいいのだが。

機体は替えがきくけど、パイロットになれるほどの優秀な人財を失うほうがダメージが大きい。
今回の事故は経験として今後の大きな財産となるので、無駄にはならない。
なんとしても生きて帰ってきて欲しい。

航空母艦もなく洋上運用の多い日本で単発機は良くないのかもね
エンジンが一基しかないのは怖すぎます
FA18やF15、F14も双発機です
自衛隊員の命が失われる前に機種を変えるほうがいいのかも

まとめ

F35が消えた場所はどこなのか、

そしてパイロットが誰なのか名前や顔画像について調査しました。

コメント