渋沢栄一は誰?1万円札に選ばれた理由や画像についても調査!【20年ぶりに紙幣一新】

ニュース・事件 ニュース・事件
スポンサーリンク

20年ぶりに紙幣が一新されることが話題になっています。

新しい1万円札に渋沢栄一、5000円札には津田梅子、1000円札には北里柴三郎が選ばれたようです。

渋沢栄一とは誰なのでしょうか?

今回は渋沢栄一が誰なのか、そして1万円札に選ばれた理由についてまとめました。

スポンサーリンク

渋沢栄一って誰?画像を調査

渋沢栄一が1万円札の紙幣の肖像画に選ばれたことが話題になっています。

まず渋沢栄一の経歴や功績について調査してみました。

実業家。武蔵国血洗島の豪農の生れ。倒幕運動に参加したが,のち一橋家に仕え幕臣となる。1867年渡欧し新知識を吸収,維新後帰国し大蔵省に出仕,国立銀行条例制定などに活躍した。1873年退官後,第一国立銀行(第一勧業銀行),王子製紙,大阪紡績など500余の会社設立に関与し,朝鮮や中国への投資も企て,日本資本主義の発展に貢献した。1916年実業界を引退,以後は東京商科大学など実業教育機関の創設や各種の社会事業に尽力した。

出典:https://kotobank.jp/word/%E6%B8%8B%E6%B2%A2%E6%A0%84%E4%B8%80-18438

渋沢栄一は多くの企業の設立や経営に関わっており、「日本資本主義の父」と呼ばれているようです。

東京証券取引所やキリンビール、京阪電気鉄道など有名な企業の設立に関わっているようですね。

名前こそ知りませんでしたが、凄い偉人ですね!

渋沢栄一 1万円札に選ばれた理由について調査!

渋沢栄一が1万円札の肖像画に選ばれた理由ですが、

やはり「日本資本主義の父」と言われているように、

明治・大正期の日本経済を牽引した人物だからというのが理由なのではないでしょうか。

また、「私利を追わず公益を図る」という考えを生涯貫き、

それが評価され、子爵を授かっているのも理由の一つだと思います。

渋沢栄一 1万円札に選ばれた報道の詳細

渋沢栄一が1万円札に選ばれたこと関する報道の詳細がこちらになります。

政府は1万円などの紙幣を、20年ぶりに刷新する方針を固め、早ければ9日にも麻生財務相が発表する方向で調整を進めていることがわかった。

紙幣は、偽造防止などのため、およそ20年周期で紙幣を新しいデザインに変える改刷を行っている。

政府が検討を進めているのは、新しい1万円札に、「資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一氏。

5,000円札には、「女子教育の先駆者」と評され、津田塾大学創始者である津田梅子氏。

1,000円札の肖像画には「近代日本医学の父」といわれる北里柴三郎氏が採用される方向で、最終調整されている。

前回、紙幣が変更された2004年から20年後の2024年をめどに刷新される方向で、早ければ9日にも麻生財務相が発表する見通し。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190409-00415844-fnn-pol

渋沢栄一 1万円札に選ばれた報道に対するネットの反応

渋沢栄一が1万円札に選ばれた報道に対するネットの反応をまとめました。

まとめ

渋沢栄一が誰なのか、

そして1万円札に選ばれた理由についてまとめました。

コメント