うそ 法的責任の真相を調査!エイプリルフールでも許されない?

スポンサーリンク

「うそをついても許される日」であるエイプリルフールを迎えましたが、うその法的責任について話題になっています。

うそによって捕まることはあるのでしょうか?

今回はうその法的責任についてまとめました。

スポンサーリンク

うそ 法的責任が話題に!

うその法的責任が話題になっています。

かわいらしいうそならともかく、相手に損害を与えるようなうそをついた場合は問題ですよね。

エイプリルフールとはいえ節度を持つのが大切のようです。

うそ 法的責任の報道の詳細

うその法的責任に関する報道の詳細がこちらになります。

きょう4月1日は「エープリルフール」です。「うそをついても許される日」と言われますが、笑って済まされるようなうそではなく、人に迷惑をかけたり、気分を害したりするようなうそは、問題がありそうです。内容によっては、法的責任を問われる場合もあるのでしょうか。芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士に聞きました。

結婚はうそ…相手がプレゼントをあげたら?
Q.「結婚することになった」といううそを友人や知人に周知した場合、法的責任を問われる可能性はあるでしょうか。お祝いを買ってくれた人がいたケースを想定しています。

牧野さん「うそを信じた人がプレゼントをあげた場合、もらった友人(うそをついた人)に対して、民事上の不当利得の返還請求が可能となる場合があるでしょう。だたし、プレゼントを購入した段階では、損害賠償請求は難しいでしょう。法は、人の好意まで保護しないからです」

Q.4月1日、意中の女性に告白したら「私も好き」と言われ、喜んでいたら、女性が後で「エープリルフールでしょ」。男性の側の精神的ショックに対して、女性の法的責任は問えるでしょうか。

牧野さん「不法行為(民法709条)に基づく損害(慰謝料)賠償責任を負う可能性が考えられるでしょう」

Q.会社員が上司に「会社を辞めます」と言った場合、逆に上司が部下に「クビだ」と言った場合はどうでしょうか。どちらも後で「うそだった」と撤回したものの、一時的に相手がショックを受けたと想定しています。

牧野さん「告白のケースと同様に、不法行為(民法709条)に基づく損害(慰謝料)賠償責任を負う可能性が考えられるでしょう」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00037213-otonans-soci

他人の業務を妨害する可能性がある嘘については、

偽計業務妨害に該当する恐れがあります。

うそ 法的責任に対するネットの反応

うその法的責任に関する報道に対するネットの反応をまとめました。

「報道」とおなじで、エイプリルフールも「配慮がある」「責任を取れる」人がやればいいのですけれどね。
ノリでやって痛い目を見る、「バイトテロ」と同じで一生傷が残る可能性もありますから、「大ウケ」は狙わない方が良いでしょうね。

本当に下らない習慣だが、日本に限らず世界中に広まっているのが興味深い。しかも、起源も不明らしいね
最初に言いだした奴が何を思ってたのかは聞いてみたい気がする

企業がセンスある広告を出しているのを見ると素直に楽しめるのですが、個人で言うのはやめて欲しい。たとえ嫌がらせとかではなくても、不快に思わせることもあると思うし、責任取れないのだから。

普段やって許されないことはエイプリルフールも
許されない。エイプリルフールはあくまでも風習で
法律・条令より下なんだから法令違反したら罰則は
当然ですよね。専門家の意見を聞かなくても分かる。
エイプリルフールなんて忘れているくらいでちょうどいいと思う。

ユーモアと悪ふざけの区別がつかない奴が多過ぎるからなあ。
時々マスコミの番組でもそう思うことがあるし。

この、”エイプリルフールで嘘をつく”って小学生の頃しか記憶が無い。
中学生以降は周りでも話題にもならなかった。
社会人になってからは忘れてる人がほとんどではないか?

うそ 法的責任まとめ

うその法的責任についてまとめました。

コメント