井岡一翔 国内復帰報道が話題に!ライセンス再取得で6月にも復帰戦

ボクシング スポーツ
スポンサーリンク

ボクシング元世界3階級王者の井岡一翔さんが国内復帰することが報道され話題になっています。

17年に一度現役を引退した井岡一翔さんですが、日本でのライセンス再取得により6月にも復帰戦の予定のようです。

今回は井岡一翔さんの国内復帰報道についてまとめました。

スポンサーリンク

井岡一翔 国内復帰報道が話題に!

井岡一翔さんの国内復帰報道が話題になっています。

日本ライセンス再取得後は、国内で日本男子初の4階級制覇にも期待がかかっていますね。

井岡一翔 国内復帰報道の報道の詳細

井岡一翔の国内復帰報道の報道の詳細がこちらです。

ボクシングの3階級制覇王者・井岡一翔(30)が27日、都内で会見し、日本国内のプロライセンスを再取得することを発表した。所属ジムはReason大貴(埼玉県越谷市)で、約1年半ぶりの国内復帰となる。

 一昨年の大みそかに現役引退を表明し、父・一法氏が会長を務める井岡ジムから離れた井岡は昨年7月に復帰を表明。ただ、国内のジムには所属せず、遊技機メーカー「SANKYO」のサポートを受け、同9月に米国で復帰戦を行った。さらに大みそかにはマカオでWBO世界スーパーフライ級王座決定戦に臨んだが、所属ジムを通じて日本ボクシングコミッション(JBC)にライセンス申請するルールがある国内では活動が制限されていた。

 井岡は国内復帰を決めた理由を「日本のボクシングに貢献したい。復帰して今、やっていることを日本で見せられたらと思った」と説明。すでにJBCにはReason大貴ジムを通じて申請しており、承認待ちの状態という。

 大みそかに井岡に判定勝ちしてWBO世界スーパーフライ級王者となったドニー・ニエテス(フィリピン)が王座を返上。WBO最新ランキングで井岡は同級2位にランクされており、再び王座決定戦のチャンスが巡ってくる可能性は高い。Reason大貴の瀬端幸男会長は「近く指令が届くと思う。6月ぐらいに東京でやる方向で動いている」と構想を明かした。日本ライセンスを再取得すれば、国内で日本男子初の4階級制覇を実現することも可能になる。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000163-spnannex-fight

井岡一翔 国内復帰報道の画像や動画

井岡一翔さんの国内復帰報道に関する画像や動画をまとめました。

井岡一翔 国内復帰報道に対するネットの反応

井岡一翔さんの国内復帰報道に対するネットの反応をまとめました。

井岡一翔 国内復帰報道まとめ

井岡一翔さんの国内復帰報道についてまとめました。

コメント