新潟下越の男性高校教師 学校名や名前,顔画像の特定は?【いじめ被害者親族に暴言】

ニュース・事件 ニュース・事件
スポンサーリンク

新潟県下越の男性高校教師がいじめで自殺した男子高校生の親族に対し、

暴言を吐いたり執拗に連絡を取ろうとしたことで減給処分になったことが分かりました。

男性高校教師の名前や顔画像、そして学校名は特定されているのでしょうか?

スポンサーリンク

新潟下越の男性高校教師 名前や顔画像の特定は?

いじめ被害者親族に暴言をはくなどで減給処分になった新潟下越の男性高校教師が報じられています。

問題となった男性高校教師ですが、名前や顔画像の特定はされていないようです。

いじめ被害者親族に対して、こういった問題を行うことが出来る神経が理解できませんね。

新潟下越の男性高校教師 学校名を調査

問題の男性高校教師が勤務する学校ですが、

県立高校ということで調査してみたところ新潟県立荒川高校という名前のようです。

この件以外にも、20代男性教師が女子生徒に対し不適切な行為をし、戒告の懲戒処分になったりと問題が多い学校のようですね。

新潟下越の男性高校教師 いじめ被害者親族に暴言の報道の詳細

新潟下越の男性高校教師によるいじめ被害者親族に暴言の報道の詳細がこちらです。

新潟県下越地方の県立高校に勤務する50代男性教諭が、昨年6月にいじめを受け自殺した男子高校生の親族に対し、人権侵害と取れる暴言を吐いたり、執拗(しつよう)に連絡を取ったりしていたことが26日、関係者への取材で分かった。県教育委員会は同日、男性教諭を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分とし、監督責任を問い50代男性校長を文書訓戒とした。

 県教委は被害者保護を理由に男性教諭の行為を「不適切な言動」とだけ説明し、詳細な処分理由について明らかにしていない。男性教諭に親族の連絡先を教えた同僚教諭に対しても注意する処分を行った。

 関係者によると、男性教諭は「緊急事態だ」として、親族の連絡先を知っていた同僚から連絡先を入手。昼夜問わず電話をかけるなどした。そのことを抗議するため、別の親族が男性教諭や校長、県教委職員らと面会した際、男性教諭は親族の人権を侵害するような暴言を吐いたという。

 親族の一人は新潟日報社の取材に対し「つきまといとも思える行為や、聞き捨てならない暴言を受けて精神的な苦痛を覚えた。処分は軽すぎる」と憤った。

 県教委はこの処分のほか、下越地方の県立高校に勤務する20代男性教諭を、女子生徒の手や頭を不適切に触ったとして戒告の懲戒処分とした。男性教諭は昨年5月から今年2月、授業中や休み時間に5人の女子生徒の頭をなでたり、手を触ったりした。

出典:https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190327459443.html

こういった教師の姿勢が、いじめに繋がったといっても過言ではないでしょう。

きちんと教師の責任の所在をはっきりして欲しいですね。

新潟下越の男性高校教師 いじめ被害者親族に暴言に対するネットの反応

新潟下越の男性高校教師のいじめ被害者親族に暴言に対するネットの反応をまとめました。

新潟下越の男性高校教師 まとめ

暴言をはいた新潟下越の男性高校教師の名前や顔画像の特定、

そして勤務する学校名の特定について調査しました。

コメント