はじこい 名ゼリフ続出に絶賛!最終回の内容に大人女性も感動!

ニュース・事件 ニュース・事件
スポンサーリンク

はじこいの名ゼリフが話題になっています。

1月にスタートしたドラマ『初めて恋をした日に読む話』ですが、3月19日に最終回を迎えました。

今回ははじこいの名ゼリフについてまとめました。

スポンサーリンク

はじこい 名ゼリフが話題に!

はじこいの最終回の名ゼリフが話題になっています。

34歳の予備校講師とヤンキー高校生の恋愛を描いていますが、ご都合主義に収まらず、説得力のある描写を重ねることで

魅力的な作品に仕上がっていると思います。

はじこい 名ゼリフの報道の詳細

はじこいの名ゼリフの報道の詳細がこちらになります。

1月にスタートしたドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系、毎週火曜夜10時~)が3月19日に最終回をむかえました。

予備校で講師をしている、春見順子(深田恭子)が、ヤンキー高校生の由利匡平(横浜流星)を東大に合格させるという目標をたてて、夢も恋も奮闘するという話題作。いくつになってもかわいらしい深キョンと、深キョンを巡るイケメンたちとの四角関係に夢中になった人も多かったのではないでしょうか。

<中略>

男子高校生のストレートな告白に胸キュン
順子が結婚しないことを知り、再び順子の元へむかった匡平でしたが、順子は匡平の思いをどこまでも拒絶しようとします。

「ゆりゆり(匡平)が私の歳になったときに、私は50歳だよ」「耐えられる自信がない。もし、5年後・10年後に振られたら東大落ちた時より落ちるし苦しいし、傷つく」と素直な胸のうちを話します。

年齢という壁を前に拒絶する順子に対して匡平は、「若いからって傷つかないわけじゃないよ。人生で一番好きな人に出会って、ずっと一緒にいたいのにダメなんだ」と泣きながら順子の元を去ります。クールな匡平が自分の思いをぶつけて、ポロポロ流す涙にグッとくる場面でした。

「大人は自由だ」という優しいメッセージとセリフにこめられた思い
匡平への思いを断ち切った順子に対し、予備校の同僚や仲間は「うちらの歳と女の幸せを考えればこれでよかった」「男子高校生に恋されただけでもすごい」と慰められます。順子自身も、「大人として常識を考えたらこうすべきだったんだ」と自分に言い聞かせます。

しかし、雅志の「成功も失敗も全部自分のせいだろ? 自由なんだから大人は」という言葉と、予備校の塾長である梅岡道真(生瀬勝久)の、「春見先生は普通の大人ではない」という言葉を聞いた順子は、以前、匡平が「変な大人になりたい」と言っていたことを思い出します。

順子はここで自分の気持ちを匡平に伝えることを決意し、匡平がいる東大へとむかいます。東大へ向かう途中、順子は改めて自分の気持ちを思い出します。以前、真っピンクの頭で勉強する匡平に対し「無敵ピンク」と言った順子ですが、今度は自分がピンク色のコートにピンク色の口紅を身につけて颯爽(さっそう)と匡平の元へむかいます。

「君みたいな無敵な時間はもうない。だけど、好きな色を選んで笑うのも、無茶な道を進んで泣くのも自由。全部自分のせいにできる歳だ」と確信するのでした。

そして、校内で匡平を見つけた順子は自分の思いをぶつけて「本当にわたしでいいの?」と問います。それに対し、匡平は「春見がいい。春見じゃなきゃダメだ。何回言わせんだ」とキスをするのでした。

他人や自分を「イタイ」と嘲笑(ちょうしょう)するのはとても簡単です。でも、年下の異性と恋に落ちるのも、自分の好きな服装を貫くのも、安定を捨てて結婚しないのも、全部自分の責任です。そしてそれは大人として当然の自由であり、素晴らしいことであると改めて気付かされます。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190326-00916125-jspa-life&p=1

はじこい 名ゼリフの画像や動画

はじこいの名ゼリフに関する画像や動画をまとめました。

はじこい 名ゼリフに対するネットの反応

はじこいの名ゼリフに対するネットの反応をまとめました。

誰か一人でも役不足の人がいたら、成り立たなかったところを、奇跡的に、深キョン始めとする俳優陣が、見事、役にはまっていましたね。
知人の同級生男子が、担任の教師に恋をし、やがて本当に結婚したという実際の逸話、あまりに珍しいので、いつまでも覚えています。
その意味で、特に男子生徒と女性教師との恋は、めったに実らないだけに、せめてドラマでは成就してほしいという、願望もあったのかもしれませんね。
また、三人が三人とも魅力的で、本当に眼福でした。原作も素敵。
はじこいのお陰で、美しい桜を観終えたような幸せな気持ちに、今も包まれています。

最初は、よくある逆ハーレムものか…と思ってたんだけど、どんどんハマって行って、素直に良い最終回だなと思いました。
この記事を読んで納得。アラサー未婚女子は駄目だ、痛い、という自虐ネタが過ぎず、周りや主人公が肯定的で、勉強にも仕事にも恋にも前向き。
雅志がフラれたときも、「ずっと幸せだった、うらやましいだろ」的な事を言ってて、素敵だなと思ったし、どんな人生、どんな恋をしてもそうありたい。春見の親戚一同はステレオタイプに嫌な感じだったけど、それ以外本当に嫌なキャラがおらず、丁寧で、それでいてドラマらしいファンタジー展開(記事に書いてある通り、「ご都合主義」など野暮なことを言う気にはならない)もあって、すごく良いドラマだった。
今期恋愛ものドラマ少なかったし、元気になるドラマだった。

私は、雅志の一途さと健気さに癒されました。
自分の幸せより自分が好きになった相手の幸せを願う、これってめちゃくちゃ難しい。
だってカップルになれないし、恋敵まで叱咤激励して、ひたすらに情が厚い。
永山絢斗さんの雅志、大好きになりました。
山下先生の最後まで良い先生だったところも素敵だった。
ユリユリと順子の結婚、雅志と山下くんの今後を続編で観たいです。

わたしも全話拝見しましたが、愛の伝え方から引き際までなんだかんだ言って一番かっこよかったのは山下さんだったんではないかと思います

このドラマで確実に知名度をあげてブレイクした、に永山絢斗も入れて欲しい。このドラマは永山絢斗の演技力があったからこそ楽しめていた人も多いと思う。細かい表情とか顔の動きとかめちゃめちゃよかった。

スペシャルドラマ希望!その後が気になり過ぎる(^^)山下くんの政治家ぶりやマサシのその後、安達祐実のマツオカ?と商社マンの後輩…観たい、観たい。

はじこい 名ゼリフまとめ

はじこいの名ゼリフについてまとめました。

コメント