汪長輝(中国人) 顔画像,写真は?覚せい剤の原料を3億円相当密輸

ニュース ニュース・事件
スポンサーリンク

覚せい剤の原料となる「t―BOCメタンフェタミン」を密輸入しようとしたとして

中国人の汪長輝容疑者が逮捕されました。

顔画像は公開されているのでしょうか?

今回は汪長輝容疑者の顔画像について調査しました。

スポンサーリンク

汪長輝(中国人) 顔画像や顔写真について調査

中国人の汪長輝容疑者が覚せい剤原料3億円分を密輸しようとしたことが報じられています。

汪長輝容疑者の顔画像や顔写真ですが、現在は公開されていません。

報道の今後に注目です。

汪長輝(中国人) 覚せい剤原料3億円分密輸の報道の詳細

中国人の汪長輝容疑者が覚せい剤原料3億円分を密輸しようとした報道の詳細がこちらです。

化学処理をして覚醒剤にできる「t―BOCメタンフェタミン」と呼ばれる液体の指定薬物を密輸入しようとしたなどとして、東京税関成田税関支署と千葉県警成田国際空港署は20日、中国籍の汪長輝容疑者(35)を関税法違反(指定薬物の輸入未遂)と薬機法違反(業としての指定薬物輸入)の疑いで逮捕したと発表した。2017年12月に指定薬物とされて以降、摘発されたのは全国初という。

税関支署と空港署によると、汪容疑者は2月27日、香港から成田空港に到着した際、t―BOCメタンフェタミン約7300グラムと、指定薬物を含む危険ドラッグ「ラッシュ」約20グラムを日本国内に持ち込もうとした疑いがある。税関の手荷物検査で発覚したという。

t―BOCメタンフェタミンは、エッセンシャルオイル(精油)の製品を装って容器20本に入っていた。汪容疑者は「中国で友人から、『マッサージオイルを友人に届けてほしい』といわれて預かってきた」と話し、容疑を否認しているという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000009-asahi-soci

覚せい剤の原料なのに覚醒剤取締法に引っかからないというのは変な感じもしますね。

ただ、こういった覚せい剤を国内に持ち込む事件を未然に防げるのはいいことだと思います。

汪長輝(中国人) 覚せい剤原料3億円分密輸に対するネットの反応

中国人の汪長輝容疑者が覚せい剤原料3億円分を密輸しようとした報道に対するネットの反応をまとめました。

日々水際で食い止めてくれる税関職員さんに感謝したいです。単なる金儲けの為に薬物汚染が拡大することは許せない。薬物は1度手をつけたら中々止められないと清原氏も言ってました。 金儲けは悪く無いと思いますが、人を幸せにするビジネスで思いっきり金儲けする発想になって欲しい。

頑張ってくれてますね。確かにこれが日常的になれば壁の必要性も出てくるね。なんたって、隣じゃあ覚醒剤の原料を栽培してるんだからね?Tランプの策もあながち的外れではないね。

厳罰化することもそうだけど、やっぱり国際的な撲滅への取り組みも必要。
実行犯がトカゲの頭とは限らず尻尾の端っこの可能性もあるし厳罰化だけでは効果うすいのでは?尻尾から頭探して胴体から頭潰さないとダメだと思う。

薬物事案は海外では死刑まである重大事案
日本で死刑とまでは行かないだろうが無期懲役位まで刑の上限を上げるべきでは?

氷山の一角なんだろうな。
これだと既に違うものとして入って来ているのでは? オイル系や酒に偽装ってのあったな。

税関をすり抜けているのが
かなり居るんだろうな
刑罰が甘いんだよ

まとめ

中国人の汪長輝容疑者の顔画像、顔写真について調査しました。

コメント