深山祐助 顔画像や家系図は?レオパレス元社長が施工不良に関与!

ニュース・事件 ニュース・事件
スポンサーリンク

レオパレス21の創業者で元社長の深山祐助さんが

レオパレス21の施工不良問題に関与していた疑惑が話題になっています。

顔画像や家系図は公開されているのでしょうか?

今回は深山祐助さんの顔画像や家系図について調査しました。

スポンサーリンク

深山祐助 顔画像や家系図はについて調査!

レオパレス21の創業者で元社長の深山祐助さんが施工不良問題に関与していた疑惑が話題になっています。

深山祐助さんの顔画像がこちらになります。

また、深山祐助さんの家系図も話題になっていますが、これはレオパレス21の同族経営が注目されているからではないでしょうか?

深山祐助さんの親族の役職ですが、

深山祐助さんの甥である深山英世が現在のレオパレス21の代表取締役社長を務め、

親族である、深山将史さんが株式会社MDIの代表取締役社長を務めています。

この株式会社MDIの現会長と務めるのが深山祐助さんになります。

身内で重要な役職を固めているのですね。

深山祐助 レオパレス21の施工不良に関与の報道の詳細

深山祐助さんのレオパレス21の施工不良に関与の報道の詳細がこちらになります。

株式会社レオパレス21(レオパレス社)は18日、外部調査委員会による調査状況(中間報告)を発表し、同社物件で仕様外部材が使われた原因について「当時の社長の指示」があったことを指摘し、創業者の深山祐助氏が関与していた可能性を示唆した。

3人の弁護士からなる外部調査委員会は2月27日に設置され、レオパレス社の施工物件における、(1)小屋裏や天井裏において界壁を施工していない不備、(2)界壁の内部充填材に設計図書に記載された素材が使われていなかった問題、(3)外壁が設計図書に記載された国土交通大臣認定の仕様に適合していなかった不備、(4)天井部の施工仕上げが設計図書に記載された国土交通省告示の仕様に適合していなかった不備などについて調査を進めていた。

調査状況報告書では、小屋裏など界壁の不施工について「意図をもって組織的に行われていたのではないかと疑われる」ことを指摘。界壁の内部充填材に設計図書と異なる素材が使われた問題についても、「当時の社長(深山祐助氏)により界壁などの内部充填剤として発泡ウレタンを使用する方向性が示された」として、創業者の深山祐助氏の強い意向が働いていたことを示唆した。

同報告書では、「当時の社長からのトップダウンの指示であったこともあって(中略)十分な性能試験が行われていなかったことがうかがわれる」とするが、深山氏は2月の会見で施工不良問題を「知らなかった」としており、今後は深山氏がどの程度施工不良に関与していたかが焦点になるとみられる。

出典:https://www.data-max.co.jp/article/28488

こういった報告が現社長の責任逃れなのではないかという声もあります。

過去の関与をどこまで遡るのかが焦点になるようですね。

深山祐助 レオパレス21の施工不良に関与の報道に対するネットの反応

深山祐助さんのレオパレス21の施工不良に関与の報道に対するネットの反応をまとめました。

これが明るみに出てなおここに社員住居を委託する会社は、問題に加担するも同義ですね。
「安かろう悪かろう」はいいが、基準満たしてないんじゃ話にならないでしょ。

「設計図と異なる建築部材の使用は当時の社長の指示」
まあ当然でしょう
下請けのせいにしようとしていたけど
レオパだって施工後に点検とかしているだろうから
会社の根本から問題があったんでしょう

規模からしてわかってましたが、やはりでしたか。
当時の社長の責任を問う事が似た事件の再発防止になるでしょう。
防音の不備は客を大事にしてない証明ですが、防火では人命すら軽視してる証明です。倒産して、教訓になることを望みます。

会社を経営する上でコストカットは大事だけれど、削ってはいけない部分を削っては身も蓋もない。利益を上げるだけ上げて早期転職することも考えての指示に違いない。得た収入以上に信頼を失うだろうから、今の会社で青ざめてるだろうな。

今までどれだけ荒稼ぎしてきたのか?
急成長してきたレオパレスは深山一族の巧妙なグレーゾーン経営を続けた結果が、今回の自爆となった。
深山一族の個人資産全てを調べるべき。
きっとまだまだ悪徳資産があると思う。
早急に資産停止すべき。

もう駄目だろう・・・
修理も適当な会社が素人同然の者が安い日当で施工してる・・・
幾ら体裁を繕おうとしても、元が駄目なら表面的に直しても無駄。壁が無いから壁を追加したって、結局家本体とちゃんと接続して塞いでいるかどうか疑問。
そもそも壁が薄いとか構造的な問題がある以上、天井に防火壁があるないに関わらず燃え尽きると思う。
例え修繕したとしても、壁の薄さとかはそのままだし悪印象は払拭など出来ない。当然強制引越しで転居を余儀なくされた入居者も、修繕後に戻るかと言うと疑問が残る。
当然オーナーは修繕期間中に空室が増えて、完了後に再入居が無ければ損失が増えるばかり。
その内レオパレスはオーナーや入居者からの訴訟、修繕や補償費で負債が増えて倒産しそうだけどね・・・

まとめ

レオパレス21の創業者で元社長の深山祐助さんの顔画像や家系図について調査しました。

コメント