古市憲寿 家庭環境が独特?実家や妹との関係や結婚観を調査!

男性タレント
スポンサーリンク

作家として活動し、現在はコメンテーターとして有名な古市憲寿さん。

空気を読まないコメンテーター”として、多くの情報番組などに呼ばれている古市憲寿さんですが、

家庭環境が独特だったことをご存知でしょうか?

今回は、そんな古市憲寿さんの家庭環境と実家や妹との関係、

そして、かなり独特な結婚観について調べてみました。

スポンサーリンク

古市憲寿 家庭環境が独特?

古市憲寿さんは、実家では両親と兄弟と祖父母の7人家族でした。

 

View this post on Instagram

 

古市憲寿さん(@poe1985)がシェアした投稿


最近は核家族化が進んでいるので、今時珍しい家庭環境だったのかもしれません。

古市憲寿さんは「家族が7人いたら一人くらい嫌いな人も出るじゃないですか

と言っているあたり、家庭環境がギクシャクしていたのでしょうか?

それを裏付けるように、食事をする際には大皿に料理を並べて、

それを個人個人が好きな時間に食べるバイキング方式だったようです。

毎日家族7人で食卓を囲むと息苦しくなってしまうのは分からないでもないですが、

家族内でバイキングで食事するなんてかなり独特な家庭環境といえます。

それが、現在の古市憲寿さんの性格を作っているのかもしれません。

古市憲寿 実家や妹の関係

ここまでのエピソードだけ見ると、とても冷めた家庭環境だったようにも見えます。

事実、古市憲寿さんは、無理に家族と仲良くしなくてもいいというスタンスのようです。

とはいえ、家族全員と仲が悪いかというとそんなことはなく妹との関係は良好のようです

妹さんは結婚されており、たびたび古市憲寿さんのインスタにも登場します。

 

View this post on Instagram

 

妹の子どもがいつの間にか大きくなってた。

古市憲寿さん(@poe1985)がシェアした投稿 –

正直、こんなふうに子供をあやしているイメージがありませんね……

とはいえ、妹の子供と仲良くしているあたり、仲が良いのが分かりますね。

とはいえ、それは二人の妹のうち、長女だけのようで、次女とは20年以上話していないそうです。

合う人とだけ仲良くすればいいという古市憲寿さんの価値観がよく伝わるエピソードではないでしょうか?

古市憲寿 結婚観も特殊

独特の家庭環境で育った古市憲寿さん。

当然というか、結婚観もなかなか変わっています。

・自分より稼いでいる人がいい!

結婚しても、別々の部屋がいい!

自宅に帰宅したら誰かがいることが気持ち悪い!

同じ女性をずっと愛し続けるのはムリ!

なんというか、結婚不適合者というかハナから結婚する気がないように思えます。

性交渉自体もかなり消極的でそれが原因で別れたこともあるとか。

キスに対して「唾液の交換が好きじゃない」とコメントしているあたり筋金入りですね……

古市憲寿 プロフィール

ここで古市憲寿さんのプロフィールをまとめてみましょう。

 

View this post on Instagram

 

古市憲寿さん(@poe1985)がシェアした投稿

生年月日:1985年1月14日(34歳)
出身地:東京都
身長:不明
血液型:O型

慶応大学環境情報学部にAO入試で合格。

卒業後には東京大学大学院総合文化研究科の修士課程に入学し卒業しています。

その後は慶應義塾大学SFC研究所上席役員になり、活動を続け、

作家としては2018年出版した小説「平成くん、さようなら」で第160回芥川賞候補になっています。

ネットの反応は?

ネットでの反応をまとめてみました。

まとめ

古市憲寿さんの家庭環境、実家や妹との関係

そして独特の結婚観について調べました。

コメンテーターとしては過激な発言により、反発を呼ぶこともありますが、

その歯に衣着せぬ物言いで共感を得ている方も多くいます。

これからもズバッとコメントするキャラクターを続けて欲しいですね!

コメント