井岡一翔と父・井岡一法の確執!?所属ジムの脱税疑惑!縁を切って海外復帰?

Pocket

昨年の大晦日に現役引退を表明したプロボクサーの井岡一翔さんですが、今年の7月20日にスーパーフライ級で現役復帰することを表明しました。

4階級制覇を目指すという井岡さんですが、昨年の引退には父親である井岡一翔さんとの確執が影響しているのではないかと言われています。
今回はそんな井岡さんと父親との確執、それの一因となった脱税疑惑などについて調べてみました。

スポンサーリンク

井岡一翔さんのプロ成績

アマチュア時代から名が知られていた井岡さんは2009年にライトフライ級でプロデビューしました。その後6戦目には日本ライトフライ級王座を獲得
その後WBC世界ミニマム級WBA世界ライトフライ級WBA世界フライ級王座を獲得して3階級制覇を達成しており、
昨年の引退時点で22戦21勝13KO1敗と堂々たる戦績を残しています。

これだけの業績には、井岡一翔さんのプロボクサーとしての実力はもちろんですが、元プロボクサーであり、現在プロモーターとして活躍している父親の井岡一法さんの助力も強くあったと言われています。

井岡一翔さんの父との確執?

そんな井岡一翔さんですが、井岡一法さんとは確執があり、現在では絶縁関係になっていると言われています。
元々少なからず黒い噂があったという一法さんですが、一翔さんが歌手、タレントとして活動している谷村奈南さんと結婚した際、それに反対し、亀裂が決定的なものになったと言われています。

それもあってか、井岡一翔さんは現役復帰に伴い、一法さんのジムを離れ別のジムに移籍しています。
井岡一法さんは息子さんの復帰に対して、「ボクシングをやってくれるのはうれしいこと」とコメントしていますが内心は複雑なものがあるのかもしれません。

井岡一法さんの脱税疑惑

井岡一法さんの悪い噂の中に脱税疑惑があります。
チケットの売上を過少申告することで、5億円の脱税疑惑があると週刊誌に報道されたのです。

元々、井岡一法さんは高級な外車を複数台所有していたり、愛人にマンションをプレゼントしていたりと羽振りがいい生活をしていたこともありつよいバッシングを受けました。
他にも、整骨院での療養費詐欺疑惑があったりとこういった噂はたえません。
プロモーターとしての実力は確かでも、こういった面が一翔さんは受け入れられなかったのかもしれませんね。

日本人ではまだ誰も達成していない四階級制覇
井岡一翔さんが達成することができるのか、目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする