岸勇希さんが取締役を辞任!刻キタルのサイトが見れない理由は火消し?電通との関係は?

Pocket

「刻キタル」は、自身のHPで、岸勇希さんが「刻キタル」の代表取締役を辞任し、退社したことを発表しました。

しかし、「刻キタル」のサイトが辞任発表のページ以外見れなくなっていることで、
火消しをしているのではないかと非難の声がありました。

スポンサーリンク

刻キタルのWebサイトが見れない!理由は火消し?

「刻キタル」のサイトが閲覧不可能になった原因は火消しなのではないかと言われています。

HPには、刻キタルに仕事を依頼していた主要なクライアントが載っています。
また、出資者の名前なども載っており、イメージが下がるということで、
HPを閲覧不可能にしたのではないかと言われています。

岸勇希さん自身のツイッターアカウントも削除されており、
露骨な火消しということで非難の声も大きいです。

これに関連してか、電通のツイッターアカウントも鍵垢になっており、
ますます印象が悪いですよね。

刻キタルと電通の関係は?業務提携していた?

実は、電通と刻キタルは資本業務提携をしていました。
刻キタルの仕事も、ほとんど電通が回していたのではないかと言われています。

今回の一件に関して、電通もコメントを出しています。

①岸氏は既に退職しているので、電通で答える立場にありません。

②社員に関することは、個人情報であり、社として一切申し上げられません。

今後もセクハラ、パワハラに関しては厳しく指導してまいります。

確かに、岸さんは電通を退職しているので一理あるようにも思えます。
しかし、電通は刻メタルに対し資本を入れており、岸さんは退職後も電通と繋がりがあったのは明白です。
その中でこういったコメントを出すのは、少し不誠実なのではないでしょうか?

広告業界では、こういったパワハラやセクハラの噂は絶えず、
電通も例外ではありません。

電通への非難の声が高まる中、知らぬ存ぜぬで通すのでしょうか?
今後に注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする