ABC予想の望月新一教授の経歴が凄い!証明によって何が変わるの?フィールズ賞は?

Pocket

数学界において長らく難問として知られていた「ABC予想」

これの証明の論文が、数学の専門誌に掲載される見通しがたちました。
フィールズ賞にも匹敵すると言われている偉業ですが、
これを成した望月新一教授の経歴はどういったものなのでしょうか?

また、「ABC予想」の証明によって私達の生活に変化はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

望月新一教授の経歴がすごい!帰国子女で京都大学教授!

望月さんは5歳の時に、日本を離れ、ニューヨークで育ちました。
ボーディングスクール(全寮制の寄宿学校)では、名門のフィリップス・エクセター・アカデミーに2年間在籍。
その後、16歳でプリンストン大学ヘ進学、19歳で卒業しています。

16歳で大学に入学しているだけでも凄いのに、3年で卒業出来るなんて凄いですね!
卒業時は次席だったそうです。主席はどんな人だったのでしょうか……?

23歳で、博士課程を終了しPh.Dを取得
日本へ帰国後は、京都大学に助手として採用され、32歳の時には教授に昇格しています。
一般的に、大学教授になるのは早くても30後半から40代にかけてと言われており、
32歳での教授昇格は驚異的な速さになります。

2012年には「ABC予想」を証明する論文をなんと自身のHP上で発表しています。
500ページを超える論文。独創的な方法を使っているということもあり、証明の確認にかなりの時間を要したようで、
最近になって、ようやく論文を認められたことになります。

あまりにも凄い経歴でピンときませんね。
子供の頃は秀才でも、大人になると凡人になるといった話はよく聞きますが、
子供の頃から現在まで、一貫して優秀な実績を残しているを見ると、天才としか形容できません。

ABC予想の証明で何が変わる?フィールズ賞は取れるの?

「ABC予想」証明によっていったいどういったことになるのでしょうか。
実はこれによって、すぐに何かが変わるといったことはないようです。

この証明は数学会の発展には大きく貢献しており、
あの有名な「フェルマーの最終定理」をより簡単に証明出来るようになるそうです。

また、フィールズ賞ですが、この賞は年齢制限があり、
40歳以下の数学者にしか与えられないそうです。
この論文を望月さんが発表したのが43歳の時なので、年齢制限に引っかかってしまいますね……。

功績だけで言えば、間違いなくフィールズ賞確実なだけに、少し残念ですね。

望月さんの論文は、有名な数学誌「PRIMS」に、来年1月にも掲載されるそうです。
今後にも注目ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする