2017年の紅白歌合戦初出場歌手一覧!初出場者10組って多いの?少ないの?

Pocket

2017年も佳境を迎えていますが今日このごろ、ついに紅白歌合戦の出場歌手が発表されましたね!

今年の出演者は紅・白それぞれ23組ずつの計46組
そんな中で、初出場の歌手は10組います。

今回はそんな初出場の歌手について調べてみました。

スポンサーリンク

2017年の初出場歌手は10組!

今年の紅白初出場なのは
紅組が丘みどり、SHISHAMO、TWICE、Little Glee Monster
白組がエレファントカシマシ、竹原ピストル、トータス松本、Hey! Say! JUMP、三浦大知、WANIMA
の計10組です。

個人的にはHey!Say!はキャリアも長いので初出場なのが意外な印象があります。
また、TWICEは東方神起や少女時代以来のK-POPからの出場になりますね。

初出場者が10組って多いの?少ないの?

さて、初出場者が10組というのは紅白の歴史の中では多いのでしょうか?
今回は2000年からの紅白初出場者数を調べてみました。

2000年 13組
2001年 9組
2002年 14組
2003年 13組
2004年 11組
2005年 16組
2006年 12組
2007年 8組
2008年 14組
2009年 8組
2010年 5組
2011年 6組
2012年 12組
2013年 9組
2014年 5組
2015年 10組
2016年 10組

こう見てみると今年の10組というのは多くもなく少なくもなくといった感じでしょうか?
2000年代のJ-popがまだ元気だった頃は、多くの初出場者がいましたが、
2010年前後に少し落ち着き、また最近になって初出場者が増えていっています。

とは言え、最近の初出場者は昔に比べ、万人が知っている歌手やグループは少なくなっています。

NHKも紅白のマンネリを防ぐために、多少知名度が劣っていても一定数の初参加者の枠を作ろうとしているのかもしれませんね。

「最近は知らない歌手が多くなった」と言われがちな紅白歌合戦。
そんな声にも負けずに、色々な歌手やグループが出場出来るような風通しの良い番組になると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする