水石亜飛夢は性格が悪い?過去にはファンを「あれ方向」と問題発言も!

Pocket

俳優として主に舞台で活動している水石亜飛夢さん、

実写版の映画『鋼の錬金術師』のアルフォンスの声を担当することになりました。

CGで描かれる鎧のアルフォンスの声を演じるのですね。
俳優としての演技とはまた違った水石さんを見ることが出来るのではないでしょうか?

そんな水石さんですが、実は性格が良くないのではないかと言われています。

今回は水石さんの性格、そして過去の問題発言について調べてみました。

スポンサーリンク

水石亜飛夢さんの問題発言!ファンを「あれ方向」呼ばわり

水石さんの性格が悪いと言われている原因として、過去の問題発言があります。

当時、テニスの王子様の舞台に出演し、人気だった水石さんですが、

「友達が皆やっているから」という理由で、事務所の許可を得ず、無断でSNSを開始しています。

この時点でなかなかにやんちゃですが、その上で、
ファンのこのを「あれ方向」と言ったことが原因で、ファンの中で取り上げられたようです。

その後、水石さんは、その発言に謝罪をしているようですが、ファンを「あれ」呼ばわりはなかなか破天荒に映りますね。

また、そのSNS上で、彼女と思われる人とやり取りをしていたそうです。

これに関しては、水石さんはブログで否定しています。
過去に、色々やらかしていたらしい水石さん。

実際の性格はどうなのでしょうか?

水石亜飛夢さんは性格が悪い?実際は猫好きで癒し系?

そんな彼ですが、実際の性格は悪くはないようです。

水石さんは猫好きなことでもしられ、ブログ上には猫の写真が多くあります。

また、ファンへの対応が悪いというわけでもなく、ふわふわした癒し系として知られているようで、
出演している舞台のスタッフからの評判も悪くないようです。

あくまで、前述の問題発言は、若気の至りなのではないでしょうか?

当時は高校生ということもあり、その辺のプロ意識も薄かったのかもしれませんね。

アルフォンスの声優役に異例の大抜擢!演技に期待!

『鋼の錬金術師』のアルフォンスのCG製作のために、モーションキャプチャが採用され、
そのモーションを演じる役に選ばれたのが水石さんです。

最初は、アルフォンスの声優は他のキャストが考えられていたようですが、
撮影の中で、水石さんの演技があまりに素晴らしいために、声優役にも選ばれたそうです。

その大抜擢に応えられるような演技を期待したいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする