田村淳が青山学院を受験!大学の難易度は?43歳の大学受験の難しさ?

Pocket

田村淳さんが、AbemaTVの特別番組の中で、青山学院大学を受験することを発表しました。

重大発表ということで、「引退するの?」、「ついに政界進出か!?」といった声が多くあった中での発表だったので、ある種肩透かしな感じも否めませんね。

しかし、田村淳さん本人にしてみれば、43歳での大学受験ということで、重大な決断には違いありません。

今回は、田村淳さんの大学受験の理由、青山学院大学の難易度

そして、40代での大学受験の難しさについて調べてみました。

スポンサーリンク

田村淳さんの大学受験の理由

淳さんの大学受験の理由は、なんと学歴コンプレックスだそうです。

最終学歴は、山口県の下関中央工業高校だそうで、それがコンプレックスだったといいます。
また、中学校の段階で、勉強の大部分をやめてしまったという淳さん。
この歳になって勉強したいという気持ちが強くなったそうです。

受験先として青山学院大学を選んだ理由は、
当時、上京しTSUTAYAでバイトしていた淳さんが、同い年ぐらいの青山学院の学生が、
キラキラして見え、憧れたからだそうです。

芸能界で成功し、結婚もして順風満帆に見える淳さん。
そんな彼でも、自分の学歴に関してコンプレックスを持っているとは不思議ですね。

AbemaTVでは「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~」と銘打って
淳さんの受験勉強に密着するようです。

今後も要注目ですね!

青山学院大学の難易度

青山学院大学は東京で有名な私立大学です。
早慶には劣りますが、都内の有名私立大学群「MARCH」の一校ですから、当然難易度はたかいです。

特に、青山学院は「英語の青学」とも言われており、英語の難易度が高いことでも有名です。
英語の勉強を早い段階でやめてしまった淳さんには厳しいかもしれませんね。

とはいえ、あくまで私立大学。
科目数は、国立大学よりは少なくなるので、少ない科目に集中して勉強すれば、
100日間での勉強でもあるいは合格出来るかもしれません。

それを考えると、芸人の春日さんの東大受験がいかに難易度が高いか分かりますね……。

大人の大学受験の難しさ!43歳での受験勉強

社会人として生活している中で、勉強をやり直したいと思う人間は少なくありません。

しかし、仕事の合間での大学受験となるとやはり、難しいのではないでしょうか?
特に、淳さんは人気芸人ですから、勉強の時間はあまり取れない気がします。

問題はどれだけ、勉強の環境を整えることが出来るかですね。
勉強法を指導してくれる教師役の人間がいれば上手く行くかもしれません。

また、淳さんは結婚していますから、奥さんが淳さんの勉強をサポートしてあげることも重要ではないでしょうか?

日本では、どうしても大人になってからの勉強にたいしてネガティブな印象を持っている人が多いのではないでしょうか?

そんな中、淳さんの年齢で、大学受験をし、学問を学び直したいという姿勢は素敵だと思います。

合格してサクラサクとなるでしょうか?
今後の田村淳さんにも注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする