真瀬樹里の母親は野沢陽子!結婚はしてるの?子供は?ドラマでの演技は?

Pocket

女優として活躍している真瀬樹里さん。

バラエティにも出演している彼女は、亡くなった母親が野沢陽子さんなことでも知られています。

10月から放送されるドラマ「トットちゃん!」では、野沢陽子役を演じる事が分かっています。

今回は、真瀬樹里さんの経歴、結婚はしているのか、

そして、ドラマでの演技力について調べてみました。

スポンサーリンク

真瀬樹里さんの経歴


幼少時から、両親の仕事を見て育った真瀬さんは、

俳優の仕事に興味を持ち、5歳の時にはすでに女優への道を目指していたそうです。

ピアノやボイトレ、バレエなど多くの習い事をこなしていた彼女は、

1993年、日本大学芸術学部の演劇科に入学しています。

1994年には、映画「シュート」で女優デビューを果たし、

その後は、ドラマや映画、演劇と多方面で活躍しています。

真瀬さんは殺陣が上手いことでも知られており、

1998年には殺陣を演じるグループ「剱伎衆かむゐ」を結成しています。

真瀬樹里の両親は俳優!結婚はしているの?


真瀬樹里さんは、父親が千葉真一、母親が野沢陽子と、有名な両俳優の娘として生まれています。

そんな彼女が、女優を目指すのは、ある意味当然だったのかもしれませんね。

バラエティ番組などでは、父親の千葉真一さんと共に殺陣を披露していたり、

野沢陽子さんと共に「徹子の部屋」にも出演しているようです。

千葉真一さんは、野沢陽子さんと離婚していますが、

親子間での関係は良好のようですね。

千葉さんは、離婚後、一般人女性と再婚しており、

その人との子供が二人います。

そのうちの一人である、真剣佑さんも俳優をしており、

真瀬樹里さんとも仲が良いといわれています。

なかなか複雑な関係ですが、やはり俳優同士で話があうのかもしれませんね。

そんな彼女ですが、結婚はまだしていないようです。

現状では、仕事に女優業に真剣であり、恋愛をするつもりはないみたいですね。

真瀬樹里の演技力は?


そんな彼女ですが、演技が上手いことでも知られています。

2004年には、アメリカ映画「キル・ビルVOL.1」ではハリウッド女優のユマ・サーマンと共演している他、

殺陣の指導役も努めていたようです。

バラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」のVTR出演した際は、非常識なマダムを演じ

母親譲りの怪演を見せ、話題にもなりました。

女優としての活動を海外にも広げつつある真瀬樹里さん。

多方面での活躍にきたいしたいですね。

これからも彼女の活動に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする