福地桃子さんが映画初主演!演技力は?父親は哀川翔!仲はいいの?

Pocket

2018年公開の映画「あまのがわ」で映画初主演を務めることが分かった、福地桃子さん。

近年では女優活動と共にバラエティでも活躍する彼女ですが、実は哀川翔さんの娘としても知られています。
多くの二世タレントが活躍する昨今。
今回は、福地桃子さんの経歴、そして彼女の父親との関係について調べてみました。

スポンサーリンク

福地桃子さんの経歴

福地桃子さんのデビューは、父の哀川翔さん主演のドラマ「借王〜華麗なる借金返済作戦」で、
女優に初挑戦しています。
役柄は、哀川翔さん演じる安斉満の娘役。ある種ピッタリといえるかもしれませんね。
福地桃子さんは、始めて演技をする父親を見て、すごかったと感想を述べています。

それ以前は芸能活動自体はほぼ無かったようですが、
哀川翔さんの各種発表会などで、連れられて顔出しをしていたようです。

2016年には、新垣結衣さんなどが所属する、レプロエンタテインメントに所属し、
それ以降は主にバラエティなどで活躍している福地桃子さん。
バラエティでの哀川翔さんとの共演も果たし、その際に親子であることを公表しています。

福地桃子さんは哀川翔さんの次女!

哀川翔さんは、離婚歴がある元女優の青地公美さんと結婚しています。
青地公美さんは三人の子供を連れており、哀川翔さん自身の子供も二人いて、
合計5人の子供がいます。

その中で、福地桃子さんは、夫妻の末っ子であると共に、哀川翔さんの実子で次女ということになります。
なかなかに複雑な家庭環境ですね……。

本人は父親とは仲が良いようです。
仲が悪かったらバラエティでも共演していませんよね。
一緒の番組に出演し、親子であることを公表することで、
哀川翔さんは、娘の芸能活動の後押しをしているのかもしれませんね。

福地桃子さんの演技力は?

福地桃子さんの演技力は悪くはないようです。
前述のドラマに出演した際は、NGを出すこともなく、
父親である哀川翔さんも「自然な演技だった」と照れながら褒めています。

とは言え、映画の初出演に対して、批判も少なからずあります。
コネで役を掴んだのではないかといった批判や、経験が足りないのではないかという声もあります。

このような根拠のない批判の声があがるのは、二世タレントにどうしても付きまとうものなので、
自身の演技でそういった声を払拭してほしいですね。

現在では主にバラエティで活躍する彼女ですが、
この映画を機に、女優として、活躍していってほしいですね。
今後の彼女の活動を応援していきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする