鬼ちゃんで有名な菅田将暉さんは歌が下手?しかし演技力は圧巻!

Pocket

実力派俳優として知られ、最近知名度を上げてきた菅田将暉さん。

auのCMである「三太郎シリーズ」で鬼ちゃんを演じて話題にもなった菅田将暉さんですが、実は歌が下手なことでも知られています。
今回は、菅田将暉さんの経歴、そして、歌下手エピソードについて調べてみました。

スポンサーリンク

菅田将暉さんの経歴

菅田将暉さんが芸能界へ入ったきっかけは、2008年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストです。
最終選考に残った菅田将暉さんは、これをきっかけに芸能事務所のトップコートに所属することが決まりました。
その後、2009年に「仮面ライダーW」で、俳優デビューを果たします。
2013年には、映画「共食い」に出演し、日本アカデミー賞の新人賞を受賞し、注目を集めました。!
2017年には、「おんな城主直虎」で大河ドラマに初出演するといったように、数多くのジャンルの作品で活躍しています。

菅田将暉さんは歌が下手!?

俳優活動の傍ら、歌手としても活動する菅田将暉さん。
たびたびピアノやギターの弾き語りを披露していた彼ですが、2017年には「キセキ-あの日のソビト-」に出演。
これは有名音楽グループGreeeNの代表曲である「キセキ」の誕生の経緯を描いた映画ですが、その劇中でグリーンボーイズという音楽グループを作り、CDデビューも果たしています。

2017年には、歌手としてソロデビューを果たし、初シングルの「見たこともない景色では」オリコンで最高5位を記録しています。
そんな彼ですが、実は歌が下手なのではないかという疑惑があります。

6月2日に放送されたミュージックステーションで「見たこともない景色」を披露した彼ですが、その時の歌声が、高音が出ず声がかすれているなどの評価がありました。

もともとCD音源と生歌との差が大きい歌手は多くいます。
そんな中、CD音源に逃げずに生歌で勝負したのは真摯な態度と言えなくもないです。
それでも、歌が下手なのが残念なのは事実なので、これからの歌の上達に期待したいですね!

菅田将暉さんは演技が上手い!

菅田将暉さんは、俳優の中でも演技の幅が広いことで知られています。
男子高校生から、ちんぴら、売れないホストなど色々な役を演じています。
役作りに対する情熱もすごく、作品ごとに体型が変化するほどの努力をしています。
その演技力からカメレオン俳優とも呼ばれる菅田将暉さん。これからの活躍にも期待したいですね!

最近ではバラエティにも出演し、マルチに活躍している菅田将暉さん。
これからも応援していきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする